不動産投資を始めるサラリーマンが多い理由

不動産投資を始めるサラリーマンが多い理由 マンションやアパートなどの不動産投資を始めるサラリーマンは年々増えていっています。その理由としては将来への様々な不安が理由であるケースが多いとされています。一体どのような不安があるのかを説明していきたいと思います。
まず、最初に挙げられるのはリストラや会社の倒産などによって職を失う不安です。今の時代は年功序列制度も徐々に廃れており、真面目に働いていてもいつリストラされるかわからない時代です。
リストラされないとしてもこの不景気では会社もいつ倒産するかわかりません。
なのでいざという時に収入を確保できるように不動産に投資するサラリーマンが増えています。
次に挙げられるのは老後の不安です。年金制度も今後どうなっていくかわからないので、年金や貯金だけでちゃんと生活できるのかという不安によって投資を始めるサラリーマンもいます。
マンションやアパートなどに投資をしておけば、その家賃収入などが入ってきますし、自分が住むこともできるので老後の不安もなくなるというわけです。

不動産へ転職する際に持っていると役立つ資格

不動産へ転職する際に持っていると役立つ資格 不動産関連業界へ転職する際に、持っていると役立つ資格に宅地建物取引主任者があります。
宅地建物取引主任者は国家資格であり、事業所で業務に従事する者5人に対し1人の割合で配置するように、国土交通省によって義務付けられているため、転職では必須的な資格です。
不動産売買だけではなく、建築やリフォームも請け負う企業に転職するなら一級建築士や二級建築士、福祉住環境コーディネーターも役に立ちます。
コンサルティング方面では、不動産の価値を評価したり、客の土地や建物を有効活用すりためのアドバイスができる不動産鑑定士、住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャルプランナーも企業側から人気です。
登記を行う司法書士や、登記に反映させるための土地の測量を行う土地家屋調査士や測量士も需要があり、測量士補ならば実務経験無しでも比較的簡単に合格できます。
集合住宅の売買や管理で重宝されるのがマンション管理士、管理業務主任者、マンション管理員検定です。

新着情報

◎2024/6/3

情報を更新しました。
>不動産名義変更の際の注意点と手続きの流れについての解説
>0円物件の現実と不動産市場で賢く探す方法
>不動産オーナーが知るべき民泊運営の基礎知識とその活用術
>地元密着型の不動産会社を選ぶメリットとそのお役立ち情報をご紹介
>田舎暮らしを検討中の方必見!理想を叶える不動産選びのポイント

◎2022/10/5

情報を更新しました。
>所有している不動産物件の価値を鑑定士に相談
>不動産管理会社に就職をする方は職種を理解することは必須です
>不動産を売却する時の目安となる机上査定とは
>不動産はインフレの影響を受けると価格が高くなる
>不動産業を営むには国の認可が必要となることに注意

◎2017/12/20

不動産取引の流れ
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

不動産契約時の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

不動産へ転職時の役立つ資格
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産総合データベース
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家再生
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産での賃貸物件借り方
の情報を更新しました。

「不動産 資格」
に関連するツイート
Twitter

しかし参加しなくてもその結果は受けなければならない。これも宅建と同じだ。無関係に思えるだろうが違う。人は生涯に何度か不動産の取引を行う。資格を持ってない人が大半ではあるが、実は知識があれば騙されず適切な取引ができる可能性が高まる。それがないので大半の人は損をしている。

返信先:おはよう🌞収益物件の事で、不動産関係について、R君も色々学びたいって言ってたもんねぇ☺️☺️てゆうか、すずちゃん絶対宅建取った方がいいよぉ🤣‼️でも、資格には興味ないんだっけ😂❓ 沢山寝て、ゆっくりしてねぇ😌🥰

【自己紹介】 性別:女 年齢:26歳 職業:不動産 投資:インデックス投資 S&P500 など 投資歴:1年 資産:500万円(現在) 趣味:読書、ランニング、ゴルフ (今年は英語もチャレンジしたい👩‍💻) 資格:宅建、FP2級 目標:資産1,000万(アラサーのうちに) よろしくお願いします😻

日本大会優勝者、国内最難関資格や国家資格保有者がいるパーソナルトレーニングジム

資産担保証券とか不動産担保証券とかCDOとかそこらへんの知識って資格取れたりするんかな? DeFiの勉強兼ねてやりたいな