不動産投資を始めるサラリーマンが多い理由

不動産投資を始めるサラリーマンが多い理由 マンションやアパートなどの不動産投資を始めるサラリーマンは年々増えていっています。その理由としては将来への様々な不安が理由であるケースが多いとされています。一体どのような不安があるのかを説明していきたいと思います。
まず、最初に挙げられるのはリストラや会社の倒産などによって職を失う不安です。今の時代は年功序列制度も徐々に廃れており、真面目に働いていてもいつリストラされるかわからない時代です。
リストラされないとしてもこの不景気では会社もいつ倒産するかわかりません。
なのでいざという時に収入を確保できるように不動産に投資するサラリーマンが増えています。
次に挙げられるのは老後の不安です。年金制度も今後どうなっていくかわからないので、年金や貯金だけでちゃんと生活できるのかという不安によって投資を始めるサラリーマンもいます。
マンションやアパートなどに投資をしておけば、その家賃収入などが入ってきますし、自分が住むこともできるので老後の不安もなくなるというわけです。

不動産へ転職する際に持っていると役立つ資格

不動産へ転職する際に持っていると役立つ資格 不動産関連業界へ転職する際に、持っていると役立つ資格に宅地建物取引主任者があります。
宅地建物取引主任者は国家資格であり、事業所で業務に従事する者5人に対し1人の割合で配置するように、国土交通省によって義務付けられているため、転職では必須的な資格です。
不動産売買だけではなく、建築やリフォームも請け負う企業に転職するなら一級建築士や二級建築士、福祉住環境コーディネーターも役に立ちます。
コンサルティング方面では、不動産の価値を評価したり、客の土地や建物を有効活用すりためのアドバイスができる不動産鑑定士、住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャルプランナーも企業側から人気です。
登記を行う司法書士や、登記に反映させるための土地の測量を行う土地家屋調査士や測量士も需要があり、測量士補ならば実務経験無しでも比較的簡単に合格できます。
集合住宅の売買や管理で重宝されるのがマンション管理士、管理業務主任者、マンション管理員検定です。

新着情報

◎2022/10/5

情報を更新しました。
>所有している不動産物件の価値を鑑定士に相談
>不動産管理会社に就職をする方は職種を理解することは必須です
>不動産を売却する時の目安となる机上査定とは
>不動産はインフレの影響を受けると価格が高くなる
>不動産業を営むには国の認可が必要となることに注意

◎2017/12/20

不動産取引の流れ
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

不動産契約時の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

不動産へ転職時の役立つ資格
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産総合データベース
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家再生
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産での賃貸物件借り方
の情報を更新しました。

「不動産 資格」
に関連するツイート
Twitter

不動産業界を専門にした転職支援サービス【宅建Jobエージェント】不動産業界を専門とした転職支援サービス!宅建の資格がない方や、未経験で不動産業界に興味がある方まで幅広くサポート |

Q168 ② いわゆる履歴書を作る感覚と同じで良いです。 フォーマットも通常の履歴書用のもので使用しています 氏名 年齢 性別 住所 学歴 職歴 保有資格 家族構成

Yoga FIT level 1 認定された!グリーンカードの弁護士も紹介してもらって家もコネクションでいい不動産屋見つかってあとは資格と勉強頑張るだけ!プロセスは動き出してる!!

返信先:私は事業投資になってるので、不動産投資で発給されるかは知らないのですが。 不動産を事業用か何かにすればできそうな気もします。 実業を保つ外人にとっては、資格外活動を広く含むことができるので、大半の外人はこれで日本滞在してます。

返信先:え、そんな在留資格ってあるんですね。 不動産投資でももらえるんでしょうか?。