不動産の青田売りとは

不動産の青田売りとは 青田売りとはそもそも田んぼの稲がまだ青い段階から収穫を見越してその田んぼを売買して代金を受け取る方法のことをいいます。
不動産で言われる青田売りとは、まだ造成、建築工事が終わっておらず完成していない状態の物件や住宅を販売することをいいます。
不動産の業界用語で売り立てとも言ったりします。
完成前に購入だなんてなんだか抵抗がありますが、開拓許可がおりていて建築確認が済んでいるものであれば特に法に触れたりはしないので大丈夫です。
早めに資金を回収できると銀行などで資金を借り入れる際の利息を減らすことができますから業者側からすれば青田売りができるのであればしたいでしょう。
購入する側としてはやはり高価な買い物ですから、出来上がり完成したものをじっくり見て決めたいと思うのが当たり前です。
しかし、立地のよいマンションなんかは出来上がりを待っていたら売り切れてしまっているということも少なくありません。
失敗しない住宅選びのためには決断力も必要です。

インターネットで不動産契約

インターネットで不動産契約 何かしらの理由で引っ越ししなくてはならなくなった場合、たとえどんな遠くへの引っ越しであったとしても、仕事や学校、家事などの日常生活を止めるわけにはいきませんから、それらをこなしながら物件を探すことになります。
従来であれば不動産屋へ自分の足で行って直接相談をしたり、住宅情報誌などを買い集めて探すなどの方法が一般的でしたが、最近はインターネットやスマートフォンが普及したこともあって、不動産情報サイトで便利に物件を探すことが出来るようになりました。
住みたい地域を選んだ上で、自分の希望の条件をチェックすることで物件情報の絞り込みが可能なので、好みに合った物件探しが大変手軽に行えます。
ただし、現時点ではインターネット上で契約まで完了するシステムはほぼ皆無で、まだ試験運用や検証の段階にあるに過ぎません。
不動産の取引では多額のお金が動くので、消費者を守るために法律で厳しく規制されていることが原因なのですが、実用化はまだしばらく先のようです。

新着情報

◎2024/6/3

情報を更新しました。
>不動産名義変更の際の注意点と手続きの流れについての解説
>0円物件の現実と不動産市場で賢く探す方法
>不動産オーナーが知るべき民泊運営の基礎知識とその活用術
>地元密着型の不動産会社を選ぶメリットとそのお役立ち情報をご紹介
>田舎暮らしを検討中の方必見!理想を叶える不動産選びのポイント

◎2022/10/5

情報を更新しました。
>所有している不動産物件の価値を鑑定士に相談
>不動産管理会社に就職をする方は職種を理解することは必須です
>不動産を売却する時の目安となる机上査定とは
>不動産はインフレの影響を受けると価格が高くなる
>不動産業を営むには国の認可が必要となることに注意

◎2017/12/20

不動産取引の流れ
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

不動産契約時の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

不動産へ転職時の役立つ資格
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産総合データベース
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家再生
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産での賃貸物件借り方
の情報を更新しました。

「建築」
に関連するツイート
Twitter

返信先:0日の兵長の建築に既に負けましたGG!

返信先:やっぱりそうなんだ! 僕もあまり建築センスはないから建物作る時はyoutube見てやってるな🤭

たまたま受注してるのがビジネス系と建築系で興味あるやつだったのもありがたい テストで一回若い女の子のVログやったけどあれはマジで無理。おっさんだから可愛らしく編集するセンス皆無や

返信先:ですよねー😅 東京建築祭のポストの後、4桁に急に上がって、よく見たらブロック対象の…ばっかり😓300くらい、チェックしてブロックして、疲れました😱 油断すると余計なところに自分のポストが流れて、さらにフォロー増…はイヤですよね😑

返信先:三階にある建築設計事務所訪ねたら鍵貸してくれるから貸切で見れますよー